小林研究室では、言語情報処理や知能情報処理の手法を使って対象となるシステムをより知的に、そして、
より親しみのあるものにすることに興味を持って研究を進めています.
近年、大規模なデータを利用することができるようになってきています.そのような観測されたデータを
正しく解釈し利活用する手法が重要になってきています.
本研究室では、データの有効な利活用を目指し、積極的に統計的機械学習の手法を導入した研究を行っています.