大学院博士前期課程理学専攻情報科学コース2年の重松 遥さんが、第3回 ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会(ARG WI2研究会)において優秀研究賞を受賞しました。

発表研究は以下のとおりです。
重松 遥、小林一郎、
潜在トピックを網羅し差分進化アルゴリズムを用いた複数文書要約、
第3回 ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会、WI2-2013-31、
ARG WI2 No.3, 2013.

重松氏らの研究は、複数文書要約において組合せ最適化手法を用いて重要文の組合せにより要約文を生成するのに、進化アルゴリズムの中でも収束性に優れてい る差分進化アルゴリズムを与えられた制約条件の中で適用することにより効率の良い要約文生成手法を提案しました。