大学院博士前期課程理学専攻情報科学コース2年の一瀬詩織さんが、第3回 ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会(ARG WI2研究会)において学生奨励賞を受賞しました。

発表研究は以下のとおりです。
一瀬詩織、小林一郎、岩爪道昭、田中康司
RDFリソースのリンク構造を考慮したSPARQLクエリ検索結果のランキング手法、
第3回 ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会、WI2-2013-33、
ARG WI2 No.3, 2013.

一瀬氏らの研究では、RDFデータベースの問い合わせ言語であるSPARQLを検索に用いた場合において、ユーザの検索を支援することを目的とし、データベース内のリンク構造に基づいた検索結果のランキングを行う手法を提案しました。